Flier

フライヤーはカッコよくデザインされている
フライヤーはカッコよくデザインされている

本日(6/5)、グループ展のフライヤーが届いた(M.Sさんありがとうございます)。北海道から遠隔地となる東京での開催、効果的な配布を考えなくてはいけない。

 

まずは道東での活動の場となっている根室市厚床にある明郷 伊藤☆牧場 酪農喫茶GrassyHill。ここはOPEN当初からアート関係の展示を継続的に行っているCafeで、道内はもとより東京など首都圏からの観光客、ビジターの立ち寄りも多い。私も写真展をやったことがあるので、すでに了承済みである。

 

地元、中標津町は中標津空港。東京便が就航していて、観光インフォメーションのスペースがある。私の手がけたリーフレットなども置いてあるのだが、「?」なんて顔したら後はゴリ押しか。

 

最後は、釧路市の北海道立釧路芸術館。写真の蒐集・展示もするミュージアムで、リーフレットやDMがロビーに置いてあるのは承知している。メールで確認しようとも想ったが、依頼状つけて送ってしまおう。

 

後は直接送付と手渡しを敢行する予定だ。

 

※6/11追記: 送付先、大幅に変更しました。 

※グループ展の詳細はInformation