18 people

駐車場にて、お決まりの構図
駐車場にて、お決まりの構図

5/9、『釧路芸術館所蔵 18人の写真表現

      ー焼きつけられたイメージー』を観て来た。

 

     http://www.kushiro-artmu.jp/

 

 

多くの作家の作品が並ぶため断片的な感じも否めないが

それでもやっぱり、凄い。

 

伊奈英次(WASTE)

川田喜久治(ラストコスモジー)

白岡順(Jun SHIRAOKA Photographs 1970-1998)

杉本博司(SEASCAPES)

田原桂一(窓) 

畠山直哉(Slow Glass)

深瀬昌久(鴉)

森山大道(光と影)他

Ansel Adams(ポートフォリオ Ⅶ)

Michael Kenna(Flowers in Winter, Sanai, Hokkaido, Japan. 2004)他

 

などなど、北海道の東にいると観ることが難しい作家たちのオリジナルプリントが並んでいた。

 

そんな中で今回もっとも観れて嬉しかったのは、猪瀬光の写真。

昔、写真誌『deja-vu』で、初めて観たときの衝撃が蘇えった。

とり憑かれるような深いモノクロプリントである。

 

ダメージ大だ(笑)。